ヘアオイルの種類が多すぎて迷っている方へ

ヘアケア製品に使用される原材料について

原材料に石油が使用されることについて

ヘアオイルの主流と言われる鉱物性のオイルについて、成分に石油やシリコンが含まれると先述しました。
一般に体に悪影響であると思われる事が多いですね?

しかし、保湿クリームとして家庭でよく使用されるワセリンも、石油から取り出した炭化水素の化合物を精製して作られます。
石油から化学的な製品も作られているので、人工的で化学的なイメージがあるかもしれませんが、石油は長い年月をかけて自然の中で作られる天然地下資源です。
不純物を取り除いたものは、体に有害なものではありません。
石油が豊富に採れる地域では、美容効果をうたった石油のエステもあるくらいです。
ただし、例えば、野菜や果物のような自然の食品で、それがオーガニックの食品であっても、ある特定の食品にアレルギーが出る方がいるように、体質的に合う合わないはあると思います。
使用していて肌に異常を感じたら、すみかに使用を取りやめ、医師に相談しましょう。

ヘアケア製品に含まれるシリコンについて

筆者はノンシリコンシャンプーを使った事があります。
過去に縮毛矯正をしたので、髪は健康とは言い難い状態です。
ノンシリコンの無添加シャンプーを使うと、髪が健康になると信じていましたが、使えば使うほど髪はごわごわになり、絡まって、思うようにブラシが通らなくなりました。

美容院に行くと、髪が随分傷んでいるし、一体何をケアしていたのか?と美容師さんに叱られました。
その時に実感したのは健康と快適さ、便利さは必ずしも一致しないという事です。
元々傷んでいる筆者の髪はシリコンのお陰で手触りよく、それなりの潤いとまとまりが保てていたのです。
真剣に健康と向き合い、全てにおいて無添加な自然のものだけ体に入れるように気をつけているという方にとって、シリコンは余計なものかもしれません。
しかし、筆者のようにダメージのある髪質で、無添加へのこだわりが無い方は、シリコンの助けを借りるのも悪いことではないと思います。


シェア
TOPへ戻る