ヘアオイルの種類が多すぎて迷っている方へ

少しの時間でよいのです

ヘアオイルって何でしょう?

ヘアオイルは髪型や髪の中の水分、栄養のバランスを整え、頭皮のマッサージにも使用されるヘアケア剤です。

ヘアオイルには2種類あります。
植物性のものと鉱物性のものです。

植物性のヘアオイルは植物から採取された油を使用しています。
椿油、ホホバオイル、アルガンオイル、オリーブオイル、ココナツオイル、ゆず油、他にも植物から採取された油に精油や香料を混ぜて作られます。
オイルの中ではさらっとした使い心地で、頭皮マッサージに向いています。

鉱物性の油は、石油や鉱物油(地下資源由来のオイル)からできでいますが、ほとんどは石油が原材料になっています。
石油から取り出したタンパク質にシリコン(ヘアケアに使用されるものはシリコーンと呼ぶのが正式だそうですが、ここではシリコンと呼びます)など手触りをよくする成分を混ぜて作られており、よりダメージの大きい髪への使用に向いています。そして、ヘアオイルの主流は鉱物性の製品です。

基本的な使い方と応用

ヘアオイルを使うとどのような効果があるでしょうか?

髪に不足している水分や栄養を補い、閉じ込める。
ドライヤーの熱、エアコンの乾燥から肌を守る。
ブラッシングの摩擦から髪を守る。
紫外線から髪を守る。

などがあります。
しかし、適切に使用しないと効果は発揮されません。
まず、髪が濡れた状態で使用する事。そして、適量をつける事です。
髪を洗った時は十分に水気をとってから、つけましょう。

つけるときは、適量を両手で伸ばしてから髪に揉み込むようにつけましょう。
決して壁塗りのように、髪の表面にべったりとつけてはいけません。また、毛先の方につけましょう。
頭皮につけてしまうと、髪の立ち上がりが悪くなり、髪型の立体感が失われるので注意しましょう。

使い方の応用編として、ヘアオイルとヘアクリーム、ヘアミルク、洗い流さないトリートメントなどのスタイリング剤と混ぜて使用することもできます。朝の忙しい時は時間短縮になりますね。


シェア
TOPへ戻る