ヘアオイルを使うと何が変わる?

ヘアオイルの種類が多すぎて迷っている方へ

ヘアオイルの種類と成分

みなさん、自分の髪の毛に満足していますか?
筆者の場合、髪の毛は硬くて癖があり、なおかつ毛量が多くて毎日のスタイリングには苦労しています。
その割には、たいした努力をせず、何とか手間をかけずして楽に自分の理想の髪の毛を手に入れることはできないか?と日々思っているダメな人間です。
オーガニック食材を採って体の中から髪まで美しくなるということを目指した時期もありましたが、続きませんでした。
そんな筆者でも、シャンプーやリンス、コンディショナーは毎日使用していますし、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントはスタイリングに欠かせない存在です。
特にヘアオイルはストックを切らさないように常に1本余分に常備するくらい愛用していますが、自分が使っているものはたまたまドラッグストアで見つけて価格帯がお手頃だったため購入し、使用感が良かったため、使い続けているものです。
なぜヘアオイルなのか?それは筆者の髪の毛が激しく乾燥し、傷んでいる為です。ダメージケアならヘアオイルが一番だと思い込んでいました。

ヘアケアは他力本願ながら、その頼る製品について真剣に吟味したことがなかった為、結局は自分の髪に本当にあったものなのか自信がありません。
また、その製品の効果的な使用法についてもきちんと読んだ事がありません。
これは振り返ると随分と損をしていたのかもしれません。

しかし、こういう筆者タイプは世の中に少なくないと思っています。
これを読んで頷いてしまった読者のあなた、これから一緒にヘアオイルについての基本をおさらいしつつ、一般にマイナスイメージが強いヘアケアの原材料の一部について改めて振り返るとともに、ヘアオイルのあれこれを見ていきませんか?
時間と手間をかける必要はないのです。でも、ほんの少しの基本や知識を知っておくだけで、最小の手間で最大の効果を引き出す事ができるかもしれません。

少しの時間でよいのです

ヘアオイルは聞いたことがあると思いますが、それはどのようなものか説明できるでしょうか? 正直、筆者も髪のスタイリングに使用したり傷んだ毛先に使用していますが、明確に説明できませんでした。 まず、ヘアオイルの基本的なこと、正しい使用法を確認しておきましょう。

ヘアケア製品に使用される原材料について

ヘアオイルは地肌や頭皮のマッサージに使用される場合もありますね。 直接体に触れるものである為、人によっては使用用途や効果だけでなく、その成分を気にする方もいるでしょう。 様々な種類のヘアオイルが販売されていますが、メーカーがその原材料を選ぶのにはどのような理由があるでしょうか。

メーカー側から見たヘアケア商品の分類

ドラッグストアに行けば沢山の種類のヘアオイルが販売されていますし、ヘアケア製品としてオイル以外にも効能が似ているヘアミルク、洗い流さないトリートメント他、多数の製品を目にします。 これらの製品は何かその呼び方について明確な定義があるのでしょうか?

TOPへ戻る